ご挨拶

 現代は全てにおいて「質」が求められている時代です。「質」は他から「異質」なものを取り入れることによってのみ向上します。
 「異質」なものを受け入れることができる容量の大きさが利益の差となってくることでしょう。
 私どもは以上のようなメッセージを発信しつつ、お客さまの発展・存続にできうる限り貢献できますことを念頭におきまして、邁進していく所存です。

今月の税務トピックスなどなど

◆ 固定資産税・償却資産税のコロナ対応 ◆

 今年の固定資産税等は新型コロナウイルス感染症の影響で事業収入が減少している場合は、減税または減免の措置があります!

 2020年2月から10月までの任意の連続する3ヶ月間の事業収入の対前年同月比の減少率によって減税額が変わります。

 例えば2020年6月~8月の3ヶ月間の売上高と2019年の6月~8月を比較して、50%以上減少していれば全額免除、30%~50%未満だと半額免除となります。

 対象となる資産は店舗や工場などの事業用の家屋と設備などで、土地は事業用であっても対象外です。この手続きは申告書に認定支援機関の確認書を添付しなければいけません。今までの持続化給付金や家賃補助金は全て自己申告のみでOKでしたが、この申告は第三者の確認証明がいることになります。

 認定支援機関は弊所も登録しております。また信用金庫さんでも認定を受け、証明を出しているそうです。

 今月末までの申告となります。半額免除でも、高額設備を導入している法人などは減税額がかなり大きくなりますので取りこぼしがないようご注意ください。尚、細かいQ&Aは中小企業庁または各市町村のHPをご確認ください。

https://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/zeisei/2020/200501zeisei.html

新型コロナウイルス緊急資金繰り対策コーナー
新型コロナウイルス緊急資金繰り対策コーナー